支配・依存・ネグレクトの母親の影響でなに事にも自信のない娘が、自分を信頼できるようになる母娘関係改善カウンセリング

 

横浜元町&東京広尾ルーム

お知らせ

2019年5月より母娘問題の連続講座を月1回、開催致します。

第1回目「母親や他人の顔色を伺う癖をやめたい娘が今すべき事」

  日時 5月11日土曜日 午前10時30分~13時30分

     場所 東京都港区南麻布4-5-48 フォーサイト南麻布5階

     受講費 5000円 

     ご予約はこちらのホームページお問い合わせ、または直接お電話で090-5206-8576へご連絡くださいませ。

※ 母娘問題講座のご案内は「講座・ワークショップ」をご覧ください。

 

お知らせ

2019年6月、関西在住の方向け、出張個人対面カウンセリングを行います。日程、決定しました。

2019年6月5日水曜~7日金曜。5日金曜は大阪、6日木曜は京都、7日金曜は神戸、以上の3都市でカフェでのカウンセリングを予定しております。すでにご予約頂いている方もおられます。ごご予約ご希望の方は早めにお問い合わせ・お申込みくださいませ。場所はそれぞれ中心部のカフェ、またはホテルのカフェを予定しております。

カウンセリングお時間・料金のご案内

90分1万円とさせて頂きますが、ご希望により120分コースも可能です。120分の場合は、13000円とさせて頂きます。

近日中に、各場所のご案内をさせて頂きます。

 

 

心のプロセス・カウンセリングで自己信頼を育む

~娘のための母親対応プログラム~

 

 

このような状況、ご自身に当てはまりませんか?

 

・感情の起伏が激しい母親に振り回され、いつも母親の顔色をうかがってばかりいる。

・こんな私に自信がなくて自分のことが嫌い。

・母親のことで悩み続ける今の状況を変えたいと強く願っているのに、それができなくて苦しい。

 

 

 「心のプロセス・カウンセリング」を受けて頂くことで

 期待できる未来

 

 ・母親の言動に振り回されないようになる。母親の表情をいちいち気にしなくなる。

 

 こんな状況を思い浮かべてみてください。一瞬、あなたの気持ちがパッと軽くなったのではありませんか。

 この状態を手に入れたいと思いませんか。

 

 ・気がつくと、また母親のことを考えてしまっている。この状況を止めませんか。

 

 母親を変えるのは不可能に近いです。

 

 でも、あなた自身の心のプロセスを理解しスタンス(心の姿勢)ができることで

 母親への接し方を変えるのは可能です

 

 

 「心のプロセス・カウンセリング」の目的

 

 「心のプロセス・カウンセリング」のミッションは「スタンス(心の姿勢)を変える、行動が変わる、思考も変わる」です。

  

 ・カウンセリングのゴールは、相手に対するスタンス(心の姿勢)を見直すことで、行動が変わり思考も変わりそこから

  母親と向き合えるようになることです。

 

 

 

真香カウンセリング風景

 

10年以上にわたり母娘問題専門に

カウンセリングを行っている

心理カウンセラーの横山真香です。

 

 

 


 「心のプロセス・カウンセリング」の特徴

 

 ・「心のプロセス」とは心の動きです。心はどのように動いていくのか。自分の、そして相手の心のプロセスを理解することは

   自分を信頼し、相手に心を開くことにつながります。

 ・「心のプロセス・カウンセリング」は相手に対する自分の「スタンス(心の姿勢)を変え、行動が変わり、思考も変わる」

   を実現するための実践メソッドです。

 ・「心のプロセス・カウンセリング」ではワークシートをご用意します。シートのご記入を通して、ご自分の心の動き、

   思考の癖がヴィジュアルで読み取れるようになります。

 ・作成して頂いたワークシートの読み取りから母親への接し方、具体的行動に落とし込む実践ワークを行って頂きます。

 ・「心のプロセス・カウンセリング」はクライアント様とカウンセラーのたんに言葉のやり取りだけに終わらず、

   実践的なワークを行うことで、行動ができるようになります。

「心のプロセス・カウンセリング」のプログラム内容と進め方

グラマラスエイチのルーム

 

 ・母親に対するあなたの今の感情を明確にするために、心のプロセス・

 ワークシートにご記入いただきます。

母親に対する怖れ、軽蔑、怒り、罪悪感といった感情を整理します。そして、あなたが母親にのぞむ理想のスタンス(心の姿勢)を具体的にしていきます。

ワークシートに記入して頂くことであなたの心のプロセス(動き方)、思考の癖、行動パターンがつかめるようになります。

あなたののぞむ母親へのスタンス(心の姿勢)をから実際に行動に落とし込む実践ワークを行います。

 

実際に行動に落とし込むさいに、それを阻止しようとする要因を見つけます。たとえば、あなた自身が母親に対してもっている罪悪感など(母親のいうことを聞けない自分は親不孝な娘ではないのか、など自分を責める気持ち)。その要因について、あなた自身の捉え方を変える実践ワークを行います。

あなたののぞむ母親へのスタンス(心の姿勢)を実現させるため、最初のスモールステップである行動を実際に起こして頂きます。この時点で、自分が一人でもできるという感覚、コツをつかんで頂けましたら、プログラムは1回でも終了となります。

 

今後、「心のプロセス・カウンセリング」で身につけた思考法、行動力によって母親だけでなく他の人に対してもあなたののぞむスタンス(心の姿勢」で接することが少しずつできるようになります。

 

 

 

「心のプロセス・カウンセリング」で期待できる変化

 ・母親の感情的な態度に振り回されていたのが、振り回されなくなる。

 ・母親の期待に沿えない自分が娘として申し訳ないという罪悪感を、少しずつ手放すことができるようになる。

 ・母親と距離を取ってもよいと思えるようになる。

 ・自分のことが嫌いだったけれど、少しだけ自分に関心がもてるようになる。

 ・人との距離感をどのように取るのかわからなかったのが、なんとなくこれでよいと思える距離感が取れるようになる。

 

 

クライアント様から頂いた「心のプロセス・カウンセリング」の感想

A・T 様(30代 東京都在住 会社員)

初回カウンセリングで母親のことはいくらでも話せるのに、真香さんから「それではご自身のことをもう少し伺わせてください」と言われたとき、言葉に詰まって愕然としました。自分のことは嫌いで、自身のことを考えるなんてしたこともなかったのです。そこから、自分の心がどのように動いているか、興味を持ちました。

 

心のプロセス・ワークシートに書き込みながら、今までいかに自分自身をおざなりにしていたのか実感したと同時に、自分の性格や考え方の傾向がわかるようになりました。

そうすると、母親に対してこのときはこう言おう、とかこんなふうに行動しようということが自然とできるようになっていったのです。

気がつくと、母親だけでなく友人や仕事仲間に対しても、気を遣うことが減ってきました。

「心のプロセス」のメソッドが身につくと、相手に対する自分のスタンスが意識できるようになります。それが、相手とどのように接したいのか、距離感はどの程度取れば自分が楽なのかということがわかってくるのです。

 

以前は実家に行くと、母親に気を遣いくたびれ果ててしまっていました。最近は自分のペースで実家に帰る回数を決め、親と一緒にいて「もうこれ以上、無理」という場合はさっさと帰ることができるようになりました。

 

 

S・U様 (40代・主婦)

母親とはずっと関係がこじれており、極力避けるようにしていました。しかし、高齢になり、電車で30分程の実家に週1回通うようになりました。母とはどうしても性格が合わないので、週1回のその日が近くなると、身体の方で頭痛や腰痛が出るようになってしまいました。

そんな状況がつらくなり、真香さんのカウンセリングを受けようと決めたのですが、初回のセッションで自分の母親に対する憎悪がどれだけ大きいのかがわかり、びっくりしました。

そこから、母親に対するというより、自分自身の感情の変化、心の動きを知りたいと思うようになり、「心のプロセス・カウンセリング」を受けました。

毎回セッションで、「プロセス・ワークシート」に書き込んでいくのですが、この作業によって自分の気持ちの変化を実感できました。

私は自分の思いを言葉にするのがとても苦手で、ワークシートの記入により、感情を表現できるようになりました。

その後は、実家で母親の顔を見るのも嫌という気持ちが強かったのが、この人からいかに影響を受けないようにすればいいのかが接し方でわかるようになり、今では週1回の訪問が前程は苦にならなくなったと感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような方に「心のプロセス・カウンセリング」をお勧めします

 ・母親の感情の起伏が激しく言われたことに逆らえない。

 ・母親がすぐ感情的になるので話し合いができず、結局自分が折れてしまう。

 ・母親から依存されているとわかっているのに、頼まれると断れない。

 ・母親と一緒にいると、顔色を伺いビクビクしてしまう。

 ・母親のえんえんと続く愚痴の聞き役になってしまっている。

 ・母親と自分の夫との間で板挟みになっている。

 ・幼い頃からずっと母親に「お前はだめな子」と言われ続け、自分もそう思い込んでいる。

 ・こじれている関係の母親を介護することになり、どのように接していいのかわからない。

 ・意見がころころ変わる母親のもとで育ち、自分に軸がなく、強い性格の人にひっぱられてしまう傾向がある。

 ・相手に合わせることばかりに気を遣い、結果、相手から低く見られてしまう。

 ・人間関係や仕事がうまくいかないとき、母親の育て方が悪かったと人(母親)のせいにしてしまう。

 


 ※「心のプロセス・カウンセリング」についてのお問い合わせは下記の「お問い合わせ・お申込みはこちら」から。または

  直接お電話 090-5206-8576 へお問い合わせください。もちろん、カウンセリング内容についてどのように

  展開するのかといったご質問には無料でお答えさせて頂きます。

お問合せ・お申込みはこちら